甚兵衛
トップページへ戻ります お店の紹介 名物の出石皿そばをご紹介 お品書きです 開店以来の指針です 甚兵衛の通販 ニュース 交通アクセス リンク

大将のモットー
 
皿に乗っているのが自分(主人)である、という責任

『趣』イメージ
「風情がある」
四季を感じる、季節感のあるお店づくり
『趣』イメージ どの部屋からも中庭の緑を眺められる造り。玄関や店内に飾られた生け花や切り花は、出石近辺で育った花などを持ち帰り、週に数度入れ替えて飾っています。 春・夏・秋・冬と四季に合わせ、季節の花が皆様をお待ちしています。
また、店内の所々に飾られた木彫りのお面や版画絵、玄関のだるまなどの調度品、また中庭にある個室「月の間」でお使い頂ける机、椅子などは、但馬在住の作家や職人さんたちの心のこもった暖かい作品です。
ただ召し上がっていただくだけでなく、目で心で甚兵衛をご堪能下さい。
まごころ接待
一瞬の出会いも大切にしたい、だから心からのおもてなし
「よう来んちゃった」
お客様との出会いの中で、標準語を使おうとしても、ついつい地元の方言で対応してしまいます。しかし、観光とはすなわち住んでいる人(光)を観るということ。私たちなりのまごこころでサービスをさせていただいています。
ここでの出会いは、ほんの一瞬の出来事に過ぎないかもしれません。だからこそ“他生の縁”の精神で、その一瞬の出会いを大切に、出石への旅が良き思い出になりますようにと…。
『心』イメージ
『心』イメージ
『味』イメージ
「そばが旨い」
挽きたて打ちたてゆがきたて、美味いダシ、お好みの薬味で
『味』イメージ そばの「三たて」のうち、特に「挽きたて」はそばの味を大きく左右するため、日々この事に気を配り熟練の打ち手が心を込めて打っています。当店はこの辺りではめずらしい「出雲石見焼」の深鉢を使いそばをこねます。そば粉は時期によって産地を変えて使用し、少量のつなぎと出石の美味しい水を合わせるという極めてシンプルな製法です。夏にはのどごしが良いように少し細めに、新そばの時期には香り豊かに少し太めに切ったりもします。
厳選した北海道・利尻のまろみのあるコブと、香り・コクの強いカツオ、目近等の材料を使いダシを取っています。

〒668-0256 兵庫県豊岡市出石町小人14-16 
TEL.0796-52-2185 FAX.0796-52-5972
[さらそば甚兵衛]は登録商標です
Copy Right(C)JINBE All right reserve